赤ちゃんパンダの名前採用で何か貰える?音を繰り返すルールはなぜ?

スポンサーリンク

スポンサーリンク



2017年のおめでたいニュースのひとつが、上野動物園のパンダに待望の赤ちゃんが誕生したことですよね。

ともこ
ゆめじさん、上野の赤ちゃんパンダの名前が決まったんだって!
ゆめじ
シャンシャンかぁ~^^漢字も可愛いし、女の子っぽくて良い名前だね!

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が「シャンシャン」に決定し、2017年9月25日に発表されました。

小池百合子東京都知事も会見を開き、中国との関係をアピール。

採用された人は、抽選でオリジナルグッズが貰えるほか、赤ちゃんパンダとのふれあいやお披露目会に参加できます。

また、赤ちゃんパンダの名付けにはルールがあり、その中に「音を繰り返す名前にする」などのルールがあるかどうか調べてみたので、ご紹介していきますね。

スポンサーリンク




上野動物園赤ちゃんパンダの名前がシャンシャン(香香)に決定

2017年9月25日、上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が発表されました。

多数の応募案の中から採用された名前は、「シャンシャン」

漢字で書くと「香香」で、メスのパンダらしい可愛い字ですね^^

パンダの名前は、生息地中国では生後100日で決める習わしになっていて、日本も同様に生後100日の9月20日に発表する予定でしたが、なかなか決まらなかったのだとか。

「近日中には発表したい」との園長さんの言葉を信じて、楽しみに待っていた人もいると思います。

パンダは日本と中国の橋渡し役でもあるので、小池百合子東京都知事も会見で正式に発表。

赤ちゃんのすくすく育った元気な姿も見られて、なんだかほっこりするニュースですね^^

応募した名前採用で何が貰える?

プレゼント 貰える 貰えるもの 貰い物

パンダは絶滅危惧種に指定されている貴重な動物であることと、のんびりした可愛い姿が人気ですよね。

そのためか、名前の募集が始まると応募が殺到。

もし自分の考えた名前が採用されたら、貴重なパンダの名付け親になれて、この上ない名誉です。

でも、赤ちゃんパンダの名前に採用されるってだけで、応募したくなるものなんでしょうか。

ほかにもプレゼントが貰えるとか、お金が貰えるとか、何かあるのでは?

調べてみると、パンダを飼育、展示している動物園では、名前が採用された人にパンダグッズや動物園のパスをプレゼントしているようです。

なかでも目玉は「赤ちゃんパンダとのふれあい」で、貴重な体験が出来るチャンス!

上野動物園では、2017年の赤ちゃんパンダの名前に採用された人の中から、抽選でオリジナルグッズのプレゼントや「名前おひろめ会」への招待を用意しています。

シャンシャンの名付け親になった人は、きっと素敵な体験になりますね^^

音を繰り返すのはなぜ?ルールではなかった

パンダ ぱんだ 熊猫 木登りするパンダ

パンダの名前といえば気になることがもう一つ。

シャンシャンもそうですが、音を繰り返すタイプの名前が多いですよね。

漢字も決めるため、中国っぽい雰囲気でかわいいのですが、これにはルールなどがあるんでしょうか?

パンダの名前付けにはいくつかルールがありますが、「音を繰り返さなければならない」といったルールはありません。

名付けの際に守る一番のルールは「中国の許可を得ること」で、中国でも意味の通じる名前でないと却下されてしまうのだとか。

パンダは中国からレンタルしている動物なので、名前にも許可が必要なんですね。

ではなぜ、同じ音を繰り返すんでしょうか。

同じ音を繰り返すのは、中国で「相手を可愛がる」ニュアンスがあり、愛称の呼び方になります。

日本でも、お母さんが子供に対して「○○ちゃん」と可愛く省略した名前で呼んだりしますよね。あの感覚に近いです。

たしかに、呼びやすくて可愛いですよね^^

(追記)
上野動物園の発表によると、一番多かった名前の応募は「ルンルン」で、1万2154通あったそう。しかし、あてはめられる漢字がなかったため候補にはなりませんでした。

(追記)
名前おひろめ会に参加した「名付け親」の方によると、シャンシャンの由来はお母さんの「シンシン」や、上野動物園の「上」と上海に共通する「上(シャン)」からきているとか。

今後また機会があれば、日本人に馴染みのある言葉で、漢字や中国語でも意味が通じる名前がよさそうです。

まとめ

東京、上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が「シャンシャン」に決定しました。

上野動物園のパンダの名前について

  1. 漢字で書くと「香香」になる。
  2. パンダを飼育、展示している動物園では名前が採用された人にお礼を用意している。
  3. 上野動物園ではオリジナルグッズプレゼントや「名前おひろめ会」への招待がある。
  4. 名付けに音を繰り返すルールはなく、中国の許可が下りれば正式採用となる。
  5. 音を繰り返すのは愛称や「○○ちゃん」といったニュアンスのため。

プレゼントもあり、名誉もあるパンダの名前応募。

赤ちゃんが沢山誕生して、こうした機会が増えるといいですね!

ゆめじ
可愛い赤ちゃんパンダ「シャンシャン」の成長が楽しみ!
スポンサーリンク

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ゆめじ
レモンチャームのフォローをお願いします♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

プロフィール
管理人の「ゆめじ」と申します。

新しいもの好きな31歳女性。

特にエンタメや時事ネタ、グルメ情報を常にチェックしています。

また、イベントやレジャー情報の他、腸セラピースクールに通って学んだこと、可愛くて癒される動物ネタなども取り上げていきますね!